FC2ブログ
 

驚いたわ。簡単に自分の顔をそんなふうに晒せるなんて。というか、アタシは見たくないわ。好みのブロガーがどんな顔かなんて知りたくもない。

 

なんかむかつくけど、言ってることは確かにそうよね。でもいいじゃんか不純でも。

 

ほんといまさらよねえ。

 

たとえば自分が知らないだけで、誰かが陰でいじめていたことも考えられない?あと、本当にいじめはなかったとしても、本人が思い込みの激しい人間だったら、いじめられたと今でもずっと思い続けている可能性もあるわ。アタシは自分がいじめていたという感覚はまったくなかったけれど、今思うとあれはいじめだったのだなあという記憶がある思い出もあるし、つい最近までいじめだったのだという記憶もなかった思い出を思い出したこともあるもの。だけどもう時は戻らない。あの頃の自分は取り戻せない。相手も今はどこにいるかもわからないし。もうどうしようもない。

 

件の中学生の話だけど。アタシのリアル知り合いにもあんな感じのことを書いてる中学生女子いたから、もしかしたら中学生かもなあという気持ちは持ったわ。本物の中学生とリアルで知り合いが、あの中でどれだけいるんだか。

 

何でかしらね。ごくたまにいじめられたことをブログに書いている人を信じられなくなることがあるわ。いじめられていたという話は本当に同情するし、書かれていることが妄想だとは思わないけれど…でも、なんでかしら、人によっては気持ち悪いと思ってしまうのよ。印象操作をされている気分になるの。いじめというものをすべて同じ目で見たくないという気持ちがアタシの心の底にあるからなのかもしれないわね。こういった問題は、本当に当事者にしかわからないものでもあるから。だから、書かれていることを信じるしかないし、また信じきってしまってもいいのだろうかという気持ちも持ってしまうのよ。だって、あきらかに嘘を書いている場合もあるだろうし、嘘ではないにしても、本当に勘違いしてるだけという場合もあるから。アタシの時は、当時はいじめられていたという気持ちが強くあったけれど、今のアタシならわかるわ。あれはいじめではなかったって。そういう気づきがあれば、いじめではなかったと気がつくんだけど、気づかずに「あれはいじめだった!」と思い込んでしまったら……そういうことがないわけじゃないと思うのよ。だからすべてのいじめ話をアタシは信じきることができないの。みんなはそう思わないのかしら。これ、アタシが何を言いたいか他人はわかるかしら?

 

誰と張り合ってんだか。誰も釣られないわよ。

 

微妙

また足がつりかけた。でもガマンした。だけど最後までできなかった。疲れてるのね。

07 | 2007/08 | 09

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR