FC2ブログ
 

07:56:09

彼の悲しみが心に流れ込んでくる。馬鹿な人だわ。悲しみを感じたいからそうやってんだったら、ほんっとに馬鹿な人よ。あまりに馬鹿すぎて、愛するしかないじゃないの。

 

いやーアタシも渋いと思うわ。

 

いいわねえ。彼女、彼にフォローされてて。

 

そう言われるのは嬉しくて少し悲しいわ。

 

笑ったわ。少し時間はズレるけど、その頃、キミと似たようなことアタシも思ってたから。(笑)

 

排除できないでしょ。差別いくないって言う人たちは必ず出てくるから。

 

そういう発言するなら、誰でもが見れてしまう場所にそういうリンクは貼らないでほしいわよねえ。まあアタシは別に見れてもかまわないけど。

 

なによ、そのまんま同じセリフじゃないの。もちっと違う言葉で励ましなさいよ。

 

そう。彼も泣いたのね。

 

ずっと読んでなかったけど、なんだかえらく病的になってんのねー。

 

だったら言葉を返したらいいじゃない?

 

うわ、これ、また彼女が吼えそうだわ。(笑)

 

向こうにアクセスしなきゃ彼の書き込み見なくてすむわけね。もっとも、彼の書き込み見てもそれほどチクチクはしなくなったけどね。

 

いや、快楽からよ?(笑)

 

うわーきっついこと書いてるわー。

 

まあ気持ちはわからないではないけれど、それは言っちゃダメなことなんじゃないかしらねえ。(笑)

 

え、まるこたん結婚してたの?つーか、やっぱ彼のつぶやきはおもしろいわよねえ。

 

教えてあげなさいよ…。

 

それはそれでいいと思うわ。ちゃんと棲み分けが出来ていれば。

 

そりゃもう今の日本は外国の言いなりだもの。もう日本はすでに終わってるんだもの。

 

まあ、先生も人の子だわ。間違うこともあるわよ。でもねえ、やっぱり信用できないよねえ。

 

アタシもやってるけど、対象をぼやかしての「答え」は、アタシが見ていることを知っている相手が言うと、まるで自分に言われているかのように思ってしまって不安になるわ。それがアタシじゃない場合もあるから、ますます当惑。

 

待っている時が一番幸せ。そうね、その通りだわ。

 

でも、ぎっくり腰になった人であれば、それがどんなにつらい病気かわかるはずよ。かっこ悪いなんて言ってられないわ。

 

やっぱ、彼女、愛あるわよねえ。(笑)

 

何をいまさら。後悔の連続だわよ。

 

時として罵倒のほうが愛情を感じる場合があるわ。そして、皮肉はもっとも卑怯で醜い表現であることも。

 

その個人サイトだって絶対的なものじゃないわ。

 

彼、すっかり一ヶ月一度更新になっちゃったわね。

 

後付って…そんなあたりまえなことを。で、それはあなたはどう思うの?だめなの?別にそれでもいいじゃないっていうの?

 

猫又になってほしかったわ、そんな猫が昔いたわよ。

 

勝手に助かるにも、キミの書いたものがなければ勝手に救われることもないのだとしたら、やっぱり、キミのおかげで救われたということになりはしない?

02 | 2010/03 | 04

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR