FC2ブログ
 

彼がいじめのことでブログ書いてるわ。言いたいことはいじめられてる人に対してのメッセージなんだけど、その書き方はマズイように思うの。うまくいじめる奴らと似たような印象を読む人に与えかねないわね。メッセージ自体は悪いことじゃないんだけど、いじめられる人はそのメッセージを素直に受け入れられないと思うわよ。つまらない人間なんかじゃないと慰められても、他人の言葉くらいで変われる意識であれば、とっくに救われてると思うから。救うのは自分自身でしかないんだから。

 

やっぱり文学やってる人の思考にはついていけないわ。

 

ブログって引きこもる為のツールなの?アタシはついったーのほうが引きこもる為のツールだと思ってたわ。

 

アタシの心には懐かしさしか残っていないわ。もうホントにそれだけよ。

 

もう7年になるのね。あの頃は壊れまくってたわ。いずれまた壊れる時がくる。その時はまた始まるわ。垂れ流しが。それを阻止したいのだけど、そこまでの幸運はなかなか訪れてくれないものよ。ああ、神様、お願いよ。叶えてくれないかしら。ため息しか出ないわね。

 

そうね。あの頃に流した血は、もう固まってしまったわ。傷口もかさぶたができて時々痒みがあるくらいになったわ。

 

本当にバカな女だわ。自分の存在で相手を追い詰めて。結局はその存在を消し去ってしまったのよ。許されない存在。誰?アタシ?それとも彼女?

 

アイスと男のことしか考えてない女はよかったわね。いつでもアタシはバカな女よ。いつものことだわ。だって本当にバカだもの。

 

木村カエラって誰かに似てるなあと思ってたわ。そっか、Tさんに似てるんだわ。カエラが年取ったらTさんみたいになるのかもしれないわね。

 

00:16:57

相変わらず彼女は長文垂れ流してるのね。

 

あら、おなかゴロゴロしてるわ。きもちわるーい。

 

誰よ、そいつ。まるでアタシがカキコするみたいな書き方してるわ。HNくらい書きなさいよ。

 

「中にはぜったい同じ人が書いてるだろうという文体の類似を感じるときはあるな」ってゆーブクマのコメント見たわ。アタシも増田に書いたことあるけど、アタシが書いたとは誰も知りやしないでしょうよ。もっともホッテントリになんかなったことないけど。いいわよね。文体が同じだわって感じてくれるくらいに読まれる人はね。それとも誰か気づくかしら。文体変えてアタシとはわからないよーに必死になって書いてるその文章。気づいてもらえないのも悲しいわ。

 

彼から「はよ寝ろ」とメールがきたので寝るわ。眠れるかしら。

 

そういえばアタシも誰かに頼まれたことあったわね。自分が死んだら自分の身代わりになってブログを更新し続けてくれって。誰かは内緒だけど。

 

アタシを笑わせてくれる彼女が好きだわ。

 

ああそうか。めまいがするのは無意識のヘドバンのせいなんだわ。wwwwww

 

人間関係って何なのかしらって考えるわ。たくさんの人に興味持ってもらえる人はそのたくさんの人と適当に交流してるみたいだけど、もしかしたらそういう人のほうが人間関係が苦手なのかもしれないわね。アタシはどうだろう。アタシの場合ってそもそも誰も相手にしてくれないものね。がくちんくらいか。辛抱強くかまってくれるのわ。みんなアタシから離れていったわ。みんな遠巻きにしてるだけ。遠巻きにしてるのかどうかもわかんないわね。

 

そうね。彼女もそうだったわ。彼がそこにいるというだけで救われていたわ。どうして彼にそんなに思い入れ持っちゃったのかわからないけれど。本当に彼が彼として存在してるかどうかもわからないっていうのに。でも彼女は信じてた。彼がちゃんといるって。そこにいるって。アタシにはわからない。本当は彼なんていないのかもしれないって思ったこともある。バカね。そんなことあるはずがないのに。ちゃんと声だって聞いたこともあるんだもの。彼はいるわ。彼女のことを心から気にかけてたわ。

 

まったく、貴女は彼を好き過ぎるわ。呆れてしまうわ。

 

なんだろう。ちょっとめまいがするわ。

 

ついったーで拾ってきた言葉だわ。死ぬ時くらいしか誰かに迷惑をかけられなかったんだなって、そんなふうに思ったことなかったわ。そうね。そうかもしれないわね。でも、どんな死に方でも迷惑はかけてしまうものだもの。迷惑かけない死に方なんて存在しないっていうのに、よく言えたもんだわ、迷惑かけずに死ねって。何にも知らないバカが多過ぎる。迷惑かけずに死ねって言ってるアンタだって死ぬ時は誰かに迷惑かけんのよ。そんなこともわからないなんて世も末だわ。

 

バカね。アタシのほーがもっともっとイタイ女よ。あなたはまだましだわ。

 

じゃああなたはなんのためにその人をフォローしたの?

 

貴方が何度も彼女の名前を叫んでいたのを見つめていたわ。

アタシは夜明けの空なんて好きじゃない。

アタシは月夜が好きだったんだもの。

出会いが過ちだったなんてそんなこと言わないで。

アタシは笑ってなんかいないわ。

哂ってたかもしれないけど。

アタシは飛べない。

貴方の彼女のようには飛べない。

アタシは狂った月だから。

 

なぜかしら、その言葉が刺さるわ。

 

どうしてこういう人が好きなのかしらね。アタシも彼も。アタシは今でもズカズカ入り込んでしまうし、彼はその儚さを恐れて遠巻きにしているだけだわ。いや、その反対なのかもしれないわね。

 

彼女どうしてるかしらね。ちゃんと食べて寝てるかしら。好きな人のこと、まだ好きでいるのかしら。だといいわね。

 

どうして彼を悪く言う人はいないのかしら。今までに彼の傍にいる人を悪く言う人はいてもその悪く言っていたその口で彼のことは絶賛するの。アタシ、どうしても彼が見たまんまの彼とは思えなくて…悪い人ってわけじゃないけれど…違和感があるっていうのかしら。だって、あなたたちが悪く言うその人と友達でいるくらいの彼なのよ、それがどういうことか考えてみたら、違和感出てこない? アタシってそれだけひねくれてるってことになるのかしら。それとも、みんなの目のほうが正しくて、アタシの目がおかしいのかもね。ええどうせアタシはバカよ。

 

構わないと言うのならそれでいいじゃないの。わざわざ表明するものでもないだろうに。そうやって表明するくらいなら、切ってしまいなさいよ、そんな相手なんか。

 

アタシも笑ったわ。あれってあの人の常套文句だもんなあ。(爆)

 

うーん。微妙よねえ。どうしようかしら。

 

悪くはないけど、言われた相手は不快になることはしょうがないでしょ。

 

自意識なんてみんな同じよ。それを押し付けがましいと感じるか魅力的に感じるかなんて、感じる側だけの問題だってこと気づきなさいよ。

 

長文は嬉しいのだけど、ちょっと反発した気持ちにもなってしまったわ。(笑)

 

年下だけじゃないわ。年上見てもそういう気持ち持つこともあるわよ。

 

さすがにちょっと眠いかも。(笑)

 

違うわ。そうじゃないわよ。手を出す奴も確かに悪いかもしれないけど、手を出しやすい場所にそれがあるからいけないんじゃないかしら。まあそれを言ったらそのもの自体は悪くないわけで、手を出してしまわなければ廃れてなくなっていくとも言えるのだけど。でもね、人は誘惑に負けやすいのよ。それは誘惑に負けてしまうような人間にしかわからないことなのよ。あなたにはそれわからないかもしれないけれど。でも本当にわからないわけじゃないと思うわ。

 

今夜だったのね

貴方に血を吸われたいわwww

 

キミが書きたいと思うものを書けばいいのに。

 

彼女、結局はまた以前のブログに書いていたことと同じことばかり書くようになってきたわね。最初は隠して書いてたと思うんだけど。だったら、以前のIDでそのまま書き続ければよかったのに。もしかしたら支持してくれてた人は今の彼女を探し出せないでいるんじゃないかしら。で、悪意を持ってヲチしてる輩ばかりがまたしてもヲチし続けてるという印象。

 

彼女は幸せなのかしら。本当に?ブログを読む限りでは幸せそうだわ。親しいお友達と楽しく過ごしているみたいだし。どんなことを話したのかしらね?少しさびしくて、少し安心したわ。

 

なんだ。彼女、新しいアカウントをサイトで公開してるのね。

 

いいわよね。以前のキミを知ってるよって言い出せないアタシだわ。

 

ありがと

考えるのは自由なんだ、誰かが期待するものを期待するように渡す必要なんてないんだ。自分の心を捻じ曲げたくないなら、捻じ曲げなくていい。自分が書きたいなら書けばいい。書きたくないなら書かなければいい。それでも誰かが傷つけに来るなら、そこに何かを期待されるなら、傷つけられないように守ればいい。どこまでも自分の意志で、自分がそうしたいと思ったなら、そうすればいい。それだけのことだよ。世界はとてもシンプルなんだ。あなたが必要だと思うなら必要だ、必要ないと思うなら不要だ。それだけなんだ。

彼女の言葉に涙が出そうになったわ。今ひとりだったらきっと泣いていたに違いない。

他人に向けられた言葉だわ。アタシに、じゃない。でもアタシはいつもこんなふうに何かから助けられているよーな気がする。この人に「ありがとう」と言うことは良いことなのかはアタシにはわからない。でも、貴方なら言うんだろうな。言いたいのなら言えばいいって。それで傷つけられるのなら自分が全力でその傷を治してあげるよって。

だから言うわ。「ありがとう」

 

相手にしないほうがいいと思うんだけどなあ。まあいつものことか。w

 

いや、あれならじゅうぶん入れると思うんだけど。自分の魅力にまったく気づいてないのかな。かわいいのに。

 

でも本当にやばい人はそれさえも気づかないのよ。だから、キミはまだ大丈夫だろうとアタシは思うわ。自分も誰かを追い詰めてしまうかもしれないと心配することはね。それさえもなくなったら真性だわよ。

 

あなたの感じる美しき心を持ちたいと思うわ。

 

この日のコメント欄。いつか公開したらみんな驚くかもって書いたんだったわ。名前は伏せてコメント欄の会話を残しておくわね。貴方も懐かしく思うかも。

# 彼 『俺が荒れてるだって?

何馬鹿な事言ってんだよ!

彼女はあれでいいんだよ。

俺なんかと関わっちゃいけねーんだよ。

不愉快になるだって?

そりゃおめーのほーじゃねーのか?

相手してやるだって?

俺のほーがおめーの相手してやってんだろーが。

俺は不幸なんかじゃねーぜ。

俺くらい幸せな奴はいやしねー。

おめーそれ分かってて言ってんだろ?

このクソが!

犯すぞ、こら!』 (2006/12/28 23:29)

# 彼 『ごめん、言い過ぎた。orz』 (2006/12/28 23:30)

# 彼 『俺駄目だなあ。

カッとなるとつい書いちまう。

ごめんな。

俺とっとと寝るわ。

おやすもー。』 (2006/12/28 23:32)

# 彼 『削除はしねーから。

俺の本音おめーのとこでしか書けねーからさ。

ごめんな。

なんか俺謝ってばっかだな。

ほんとごめん。

今度こそおやすもー。』 (2006/12/28 23:33)

# アタシ 『ほら、思い出さない?

あの場所であたしが酔ってすっごく書き込みしたことあったでしょ。(W

みんな呆れてた。

それでも気持ちよかった。

こんなふうにどんなことでも許してくれるそんな存在が、人には必要なんだって思ったものだったよ。

あの時はありがと。ほんと嬉しかった。

だから、いいよ、好きに書いてくれてさ。

誰かを傷付けたくなったら、あたしを傷付けていいから。

いくらでも犯して。(W

てか、たいがいあたしもマゾよねえ。

でも、いつかここを公開したときに、貴方のこんな言葉遣い見たら、みんな驚くかもよ?

今日はあたしも早く寝る。

あったかいお風呂に入ってぬくもって、ココア飲んで風邪薬飲んでとっとと寝ることにする。

おやすもー。』 (2006/12/29 21:49)

06 | 2010/07 | 08

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR