FC2ブログ
 

07:49:51

そのうちに歓楽の人もいなくなるのかと思うと少し寂しいわね。でもしょうがないわ。

 

07:49:11

とうとう始めるのね。身辺整理を。完全になくすことはまだ無理だとしても、少しづつでも整理していかなきゃね。

 

だからーそのいい人は誰が好きなんだってば。それ一番重要なことだと思うんだけど。

 

彼女はアタシが裏切った彼女と同じ状態なのね。そして、彼女は彼から離れていく。アタシの傍からあの人が離れていったように。それはもうしょうがないわ。

 

おまえがそれを言うかって言われることはきっとわかってんだろうね。それを踏まえてヤな感じだわー。

 

気持ちはわからないでもないけど、本人だけに向けなさいよそういうことは。

 

そっか。彼女、やっと離婚したのね。

 

なにこの粘着振りは。こわいわ。

 

最近、寝ると必ず夢を見るわ。夢を見るとヘトヘトに疲れるのよ。夢も見ずに寝てしまいたいと思うのだけど、どうやら眠りが浅いのかしらね。そんな中で目覚めたくないほど素敵な夢を見ることもあるわ。そんな時はこのまま目覚めずに死んでしまえたらいいと思うの。幸せな瞬間を氷らせたまま、永遠に夢の中で生きていくのもいいわね。そんな時がくればいいと思うわ。

 

「現実味のない話」だって。知らないってことは怖いことだわよねえ。

 

違うわ。死にたくないからよ。死なないのは。

 

好きなことは嫌いにもなるってこと知らないのね。

 

あなたに抱かれる夢を見た。幸せで悲しかったわ。救われた気がしたの。夢の中だけでもいいわ。あなたに会えるのなら。またあなたに会いたい。

 

もうちょっときちんと内容覚えておきたかったわ。もったいない。

 

10:05:04

アンテナからのアクセスがなくなったわ。もう読んでもらえないのね。

 

人が死んだと聞くのは知らない人でもつらいわ。しかもその人が私の好きな人のファンだったとか、あとその人の旦那さまがアタシが昔好きだった人と同じ名前だったとか…その人が安らかに眠る事を祈ってるわ。

 

アタシも夜の外を歩きたいと思ってたわよ。

 

使い道がないなら作るなよ。

 

全然売れなくてもプロ作家だわ。しかも、それだけじゃなく売れた作品だってその人にはあるわけだし。

 

どうしよう…ましゃが歌ってるわ。あまりにも好き過ぎる。役柄のせいか髪が長いわ。でもとても似合ってるわ。アタシ、男の長い髪って嫌いなんだけど、彼だけは特別。それにしてもいい声してるわよねえ。

 

そして、そんな子供に「発育のいいおまえが悪い」なんて言ったら殺すわよ。誰も言わないとは思うけど。それにしても、今の子供たちはもっと発育のいい子が多いんでしょうね。アタシが子供の頃はさすがにそんなに発育のいい子は多くなかったもの。

 

これ読んで思ったのだけど。ああ、アタシもそうだったわって。小学生だったアタシだったけれど、アタシも大人の女と間違われるほど発育のいい子供だった。押し倒されたわ。道端で。よく逃げられたもんだったわ。あの男、今でも殺してやりたいくらいに憎い。子供のアタシの心に一生消えない傷をつけた奴。どこかでアタシの呪いでずーっと不幸続きになってしまえばいい。

 

出たわ。コメントを削除してもかまわないって言葉。その言葉書かれることが大嫌いよ。そう思うならコメ欄に書かずにメールしろよと思うわ。

 

どーせアタシは誰の心にもどこにも何も残せてないわよ。

 

アタシにはいないわよ、そこにいてほしいなんて言ってくれる人は。

 

とあるものを見ていて思ったわ。持たざるアタシは不幸だわと嘆いていて、あの人やこの人やを羨んでばかりいるのを目の前に突きつけられて、ますます不幸になって、アタシは何もかも忘れてしまいたくなる。辛い記憶も幸せな記憶も何もかもを。そうやって何も考えずにただ息をするだけの人形になってしまいたいわ。

 

なに言ってんだか。アンタこそ何言ってんのかわかんないわよ。

 

あら、知らなかったの?アタシは虚構よ?

 

とうとう彼のブログが非公開になってしまったわ。削除はしないのかしら。彼女はまだ彼のブログを見に行ってたのかしら。サイトはそのまま残ってるようだけど。サイトもそのうち削除してしまうなんてことはしないでほしいのだけど。

 

アタシは恐がっている。いつ見捨てられるか、そればかり考えてしまって。いつかまた切り捨てられるって。それなら最初から興味持たれないほうがいいわ。

 

ようやく彼女気づいたのね。彼が彼のイエスマンだってことを。

 

釣られてくれたんだ、彼女。ちょっと嬉しいわ。

 

知らないって言ったけど、もしかしたら知ってたかも。何となく読んだような記憶があるわ。

 

あんな増田記事に釣られるみんなってやさしいのねえ。(笑)

 

書き続けてよ。

 

確かにいろいろ心境聞けていいんだけど。どういった心境の変化で長文化、写真掲載になったのかしらね。そっちが気になるわ。それとも写真掲載前からやってる友人のブログに対抗してる?w

 

「難しいことや複雑なことはその道のプロに委ねましょう」って…そんな当たり前な事を。

 

そっか。アタシがあの頃起きれなかったのはウツだったからなのね。今はそんなことないけれど。

 

不思議なのは、アタシは昔から写真撮る人を好きになる傾向があるわね。それも男の人より女の人の撮る写真が好き。文章書きオンリーの人とはどうも気が合わないわ。

 

08:13:58

良かったわ。アタシのIDは登録してくれた。それにしても、だれだろうっていうつぶやきは、アタシのことかしら。そりゃそうよね。アタシのことなんか彼女は知るはずもないもの。

 

いや、キミはまだまだよ。

 

たんぶらーって不思議な世界だわ。他人が何をいいと思っているか、その人の一部が知れていいわね。

 

悲しみの息の根を止めるだけが救うことってわけじゃないのね。

 

言うべき言葉が思い浮かばないわ。とりあえずありがとう。それだけを送るわね。

 

ちょっとづつ彼のブログのアンテナ数が増えてるわ。へー自殺関連サイト運営してたのね。

 

彼女のブログが読めなくなってしまったわ。とても残念だわ。

 

07:16:28

貴方は彼女に近づかないほうがいいわね。貴方の大切な人ももう彼女とは関わらないようにしているみたいだし。ついったーのようにブロックするわけにはいかないというのを建前として、相手の呟きは読んでるみたいだけど。相手の書くものに触発されて何か書くために。それだけ貴方の大切な人はずるい女ってことよ。

 

そういう「あなたはかわいいね」って言葉は不特定多数じゃなく、そう言ってあげたい本人に言ってあげなさいよ。

 

気持ち悪い。何だか吐きそう。

 

彼、なんだかんだ言っても元気じゃないの。結局、誰も彼を救えなかったんだわ。見ている限りは自分で自分を救ったって感じよ。あれが救われたと言えれば、なんだけど。アタシと言葉を交わしたことも忘れてんじゃない?まあいいけど。

07 | 2010/08 | 09

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR