FC2ブログ
 

ネットでは、リアルで虐められた人間と虐めた人間の立場が逆になるわ。思うに、虐められた人間も虐めた人間も結局は同じだということよ。それをわかって言ってんだろうか、コメントしてる奴らは。わかってたら、その増田に対して、誰もコメントなんてつけられないと思うのだけど。

 

その二人の会話とあっちの二人の会話で感じ方が違うのは、二人が見られていると感じていないか感じているかの違いで発生する感情だわ。自業自得。でも、それだけじゃないってアタシは信じてるわ。

 

こんなこと言ってる人がいたわ

「わたしだけの場所」はみんなの中で確保されなければならない。それを与えることができる特権を愛と呼ぶ。

ですってよ。それはホントに言えるかもしれないわね。妙に納得したわ。

 

騙されるなって…騙されるのを承知でいる人だっていないわけじゃないんだけどねえ。親切のつもりか、教えてやるっていう気持ちなのか、余計なお世話だと思うわ。きっとみんな君の言うことだって知ってるわよ。知ってて騙されてるのよ。なんてね。まあ、確かに一部は騙されるつもりなく騙されてしまってる人もいるんだろうけど。

 

しょうがないじゃない。あれはコアな人以外の一般人も多くくることになってたんだから、わかりやすくしたんだって思いなさいよ。まあ、思い入れがあるとそう思ってしまうのはしかたないんだけど。

 

ほんとバカね。死ぬことのほーが嫌に決まってるわ。おやすみなさい。愛しい人よ。あなたの夢を見れたらいいわね。最近は悪夢を見なくなったわ。それだけ調子がいいってことかしら。きっとそうね。そうよ。

 

お願いよ。あたしに勇気を。立っていられるだけの、笑っていられるだけの、話ができるだけの、勇気を。あたしにください。泣きたいのに泣けないのよ。泣いてしまったらおしまいだわ。死ぬこととコレとどちらもあたしにとっては似たようなもののような気がする。でも来ない明日はないのね。明日は必ずあたしの前にやってくる。それはもう無慈悲にも。

 

彼女が誰と誰の事を言ってるのかわかったわ。それにしても、意外にも彼女って常識的なのね。

 

アタシも納骨堂の中の人みたいだわ。その人の為にアタシも本当の気持ちを隠して頑張らなくちゃならないんだもの。アタシも納骨堂の中の人もバカよねえ。ほんっと救いようのないバカだわ。

 

アタシは不思議でしかたなかったわ。なんでアタシなんかと逢いたいと思ったのか。アタシは逢いたくないのに。どうして逢いたいって思えるのか、アタシには理解できなかったの。だけどアタシはいい子ちゃんを演じてるのだから、逢わないわけにはいかなかった。逢いたくないなんて言えやしないわ。今までどんなにアタシのために尽くしてくれたか、アタシは忘れてないもの。だからアタシは逢うの。逢うしかないの。そんな気持ちを抱いてることなんて絶対に知られちゃいけない。ごめんなさい、うそつきなアタシで。

 

会いたくないなんて言えないわ。でも会いたくないの。言えないアタシの気持ちなんてわかるわけない。

 

また消したのね。

 

タイムライン追っかけるのあきらめたわ。

 

もう見たくないのに見てしまうわ。それはアタシが傷つきたいからだと、十分すぎるくらいにわかっているのよ。憎悪さえ抱いてしまう、その人に。勝手なことだとは思うけど。それでも視線を逸らせないの。

 

また彼女削除したわね。やっぱり扱いにくい人。近づいていいのか悪いのかわからないわ。

 

今日が終ってしまったわ。来週が来てしまう。

 

そのポストに何らかの意図を感じてしまうわ。それでも彼のポストから目をそらせない。相容れない人であっても、よ。

 

やっぱり彼女は彼をフォローしたのね。少し悲しいわ。しょうがないんだけど。

 

「年を追うごとにもっとずっと愛し合うようになったね」と言われて照れたわ。あたし、そういう言葉が苦手なのよ。あなたは知らないだろうけど。でも嬉しい。あたしがおばあちゃんになっても愛してね。

 

彼女、ついったーのログ消したのね。

10 | 2010/11 | 12

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR