FC2ブログ
 

わかるわ。心配してたんでしょ。よかったわね。彼女をのツブヤキを見れるあなたが羨ましいわ。
 

昨夜、母さんと父さんが出てくる夢を見たわ。まだ二人が元気だった頃の。アタシが子供の頃くらいの時の二人。なんだか切なくて悲しくて目覚めたら心のどっかにポッカリ穴ができた気分よ。その夢では中学高校のときのクラスメイトたちが同窓会してる様子がテレビで放映されているのをアタシはテレビで見ているの。大人になったみんながテレビで喋っているのを不思議な気持で見ていたわ。どうしてあんな夢見たのかしら。昔がよかったなんて思いたくないけど、昔にちょっと戻りたいという気持ちもないわけじゃない。そういう気持ちがあるからあんな夢見ちゃうのよね。時々、あんな夢を見ちゃうのもそんな理由からかもしれないわ。今朝はちょっとナーバスな気分。
 

あら、彼女、どうしたのかしら。昔のアタシみたいな文章書いてるわ。てか、あのリンク先、何の関係が…?
 

彼女はホントすごいわね。あんなものであれだけのブクマを集めちゃうんだもの。やっぱりそれだけの才能が彼女にはあるのよ。アタシにはゼッタイ書けないし、アタシなんかには才能なんてこれっぽっちもないわよ。あんなに酷いもの書いてても誰からも愛されるってホント才能だわ。もちろん、愛されると同時にひどく憎まれることもあるわけだから、ホントにいいことかどうかわかんないわけだけども。本当は注目なんてされなくても、好きにいろいろ書いていけるってーのが一番いいのかも、なんて最近では思うわ。今のアタシがそれよね。誰も注目なんてしないの。誰もかまってもくれないの。でも、心の中のすべてを自由に好きに綴れるの。アタシはそれができてるわ。だからアタシのような女が一番幸せなのかもしれないわね。
 

ココでアタシが書いてるよーなものは、ホントのホントにチラシの裏に書くようなグチやらなんやら、現実では誰にも言えないようなコトを書いてるわけだけども。つまり、ホンネを書いてるってことね。他ではゼッタイに言えないことをココに吐き出してるわけよ。おかげできっとアタシの精神は保たれてるんじゃあないかと思ってるわけ。今ではホント、ココでしか書けないわ。どうしてこうなっちゃったんだろ。ココは誰にも教えてないトコロだから、だからありのままのアタシを曝け出せるのよ。ココだけだわ。他の場所には書けなくなってしまった。書くとしたら、あたりさわりないコトしか書けなくなってしまったんだもの。
 

削除してくれてありがと。
 

25年って長いものかしらね。アタシにとっての25年は短かったと思うわ。でもいろんなことがあり過ぎてなんだかもうとっても年老いちゃった気分よ。これからの25年、とても生き続ける自信はないわ。というか、もう死んでもいいかも、なんて思っちゃったりしてるの。なんだかもうね、いろんなことに疲れちゃったのよ。生き続けるのもしんどいし。かと言って死ぬのもちょっとね…覚悟とかないし。もっとも、死ぬのには覚悟なんて必要ないのかもしれないわね。いつでも、ちよっとしたはずみで死んじゃうものでしょ。事故とか事件とかじゃない限りは。病気の場合は、はずみとか魔が差してってやつで死んじゃうこともあるかも、だけど。もし、彼が突然死んじゃったらどうしよう。もしかしたらそういうことだって起きるかもしれないわけよね。それでもアタシは生きていかなきゃならないんだろうけど、でも、アタシは生きていたくないかもしれない、彼がいなくなったら。新しい誰かと生きるという選択肢もあるかもしれないけど、そうそうに新しい誰かが見つかるわけもないわよね。だとしたら、アタシひとりで責任を背負っていかなきゃならないわけでしょ。アタシが先に死んじゃうかも、なんて言ったら、どうしてくれるんだよ的なことを言われたもの。だったら、とっとと先にいなくなってよと思うわ。確かに、生きてる限りは、誰でもが生への執着はあるだろうけど、アタシや彼が先に死ぬこともあるってこと考えないのかしらね。アタシはいつでも考えてるわよ、彼が先にいなくなったらどうしようって。そんなことになるくらいならアタシが先に死にたいわって。アンタはそうは思わないのって。ええ、鬼のようなこと言ってるってわかってるわ。でもね、アタシはいつでも「その時」のことばかり考えてきたのよ。それこそ子供の頃からずっと。なんとしてでも生きてやる、なんて、そんなことなかなか思えないものよ。そりゃあ、何とかしてそういう考えを持とうとしたこともあったけれど、でもやっぱり、アタシの基本は超ネガティブなのよ。そんなアタシはいつか病気になってしまうかもしれないわ。母のように。それが本当にこわいわ。だから、安らかに死にたい。眠るように死んでいきたい。心からそう願うわ。

04 | 2014/05 | 06

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR