FC2ブログ
 

10年とちょっと前くらいは自分を救う手だてを持ってない人が多くいたように思う。だから「彼」が必要だったわけで「彼」はたった一人の為に生まれたけれど、少なからず何人かの人たちを救っていたようにアタシには見えた。「彼」の揺るぎない立ち位置は、精神的に不安定な人たちの心の支えになっていた。だから「彼」は消えることができなかったのよ。でも今は、自分を救う手だてを持ってる人たちばかりで、そうじゃない人たちはほとんどいないんじゃないかしら。もちろんそれはアタシがそう思うだけで、いるところにはいっぱいいるのかもしれないけれど。アタシも昔みたいにいろいろ見て回る時間ないしね。

あの彼女は一見不幸に見えるのだけど、アタシは彼女は自分を自分でちゃんと救える能力を持ってると見てる。だから「彼」は彼女から離れたのよ。アタシにはわかる。あの彼女は間違いなく不幸を演出してるって。そりゃあ、まったくの不幸じゃないとは言わないわ。不幸は不幸でしょう。少なくともアタシよりは確実に不幸だろうと思う。でも「彼」が執着したあの人のように自殺しようとはしてないから、まだマシなんじゃないかしら。そうね、傷ついた手を「彼」に見せ続けたあの人は今はどうしてるかしらね。「彼」の動向を今でも見てる?「彼女」の場所をチェックしたりしてる?ちゃんと生きてるかしら?生きててくれればいいと思うわ。心からそう思う。

Comment


        

10 | 2019/11 | 12

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

メリッサ

Author:メリッサ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR